PMSを知って症状改善に役立てよう【日常生活から正す治療】

女性

できることから

相談

自分を責めないで

PMSの症状は、非常にいろいろな症状があります。人により違うので、自分でPMSではないかと疑うことはできますが診断することは難しいのできちんと病院へ行くことが大切です。まず、代表的な症状としては、生理前に下腹部痛がしたり、頭痛がしたり、肩こりなどが起きやすくなったり、身体的なこと以外にも精神的に不安になったりイライラしてしまうことが多い方は、PMSの可能性が高いです。ですが、それらの症状はもしかするとほかの病気という可能性もあるため、しっかりと病院を受診することが大事なのです。最近はPMSという言葉もだいぶ知られるようになってきたので、PMSだと診断された場合には、職場などにも相談をして、生理前には仕事の量を少し減らしてもらうなどして対処してもらうことをオススメします。生理前にイライラしてしまうのは、立派な病気のひとつでもあるので、とにかく自分を責めないということが大切です。自分が悪いんだと言って自分を責めてしまう方も多いですが、それは一番してはいけないことです。

生活習慣を見直す

PMSだと診断されたとしても、しっかり薬を飲んで生活習慣を整えていけば完治するものです。完治したときは、毎月来る生理もそこまで嫌なものではなくなっていると思います。本来生理は、生理痛などもないということが普通なのです。ですがこの時代では生理痛がある方が非常に多く当たり前になっています。日々の生活を見直すだけでも症状は改善されることがあるので、まず病院を受診してから、そのあと自分でも生活習慣を見直すことをオススメします。冷え性の方は冷えをなくすだけでも効果的です。普段から体を冷やさないように工夫したり、体を冷やす食べ物はなるべく避けたりするといいと思います。一度病院を受診すると、そのようなアドバイスをくれることも多いので、しっかりとできることはやっていくことで、症状は改善していきます。生理前のイライラや不安になる気持ちがなくなるだけでも、毎月明るく過ごすことができますし、下腹部痛などがなくなるだけでも、快適に過ごせるようになると思うので、しっかり治療すべきです。